ALL JAPAN FISHING CLUB KOCHOKAI PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985

 

基本的なハリの型

 

 

 

 

アゴ付きバリ

最も基本的なもの。
海釣りで多く使われる

 

 
アゴなしバリ ケン付きバリ
アゴ(カエシ)がないのでよく刺さる。道糸を緩めると魚が外れる 軸にケンがあるのでエサがずれず、大きく見える
短軸バリ 長軸バリ 角軸バリ

  丸型
フトコロが広く、軸が短いのでエサの吸い込みがよい。エビなどの生きエサを使う釣りに効果的
  袖型
長軸型の代表格。サイズも豊富で、ほとんどの対象魚に対応できる。これを基本にした専用バリは多い。
  カイズ型
フトコロの深い角型が特徴。本来はクロダイ用のハリとして生まれたが、現在は幅広く使われる。
 
  大輪型
丸型よりもフトコロが広い。軸が細いので大物釣りには向かないが、防波堤の中小物釣りで威力を発揮する
  セイゴ型
海釣りでは最も利用頻度が高い。タイプには丸味のある丸セイゴや角型の角セイゴがある。
  キツネ型
フトコロが浅く、長軸タイプのハリで、掛かりがとてもよい。エサを飲み込まれやすい対象魚には効果的。
 
  伊勢アマ型
海、川を問わず広く使われる。軸が太くしっかりしているので、シマアジなどの大物釣りに使われる。
  秋田袖型
型は袖型と同じだが、ハリ先が外を向いているのでハリ掛かりがいい。袖型同様サイズも豊富。
  ハヤガケ型
流線軸型とも呼ばれるが、ハリ掛かりがいいのでこの名が付いている。反面、フトコロが浅いので外れやすい。
 
  石鯛バリ
形は伊勢アマ型の発展型だが、軸が極端にに太く、ワイヤーを結びやすいようにチモトに穴があいている。
  流線型
軸が長く、流線型の独特の形をしている。イソメ類やゴカイなど長いエサを付けるのに向いている。
  タマミ型
ハリ先が極端に内側に食い込んでいるハリで、ネムリ型の要素をもった角バリ。歯の鋭い魚に効果的。
 
ネムリ型   ヒネリ型  
ハリ先だけ極端に内側っを向いたハリで、ハリ掛かりするとなかなかはずれないので、別名「地獄バリ」という ハリにネジリのあるタイプで、掛かりがよくなるといわれている。短軸、長軸、角軸それぞれにヒネリ型がある

 

 

ALL JAPAN FISHING CLUB by KOCHOKAI,PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985