ALL JAPAN FISHING CLUB KOCHOKAI PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985

 
海でのルアー釣りはソルトウォーターフィッシングと呼ばれるが、これにはシーバスと呼ばれるスズキの釣り、ヒラメ、コチなどを狙うサーフキャスティングや、外洋でシイラ、ヒラマサ、シマアジなどの大型魚を狙うマリンキャスティング、カサゴ、メバル、アイナメ、などの根魚を狙う釣りがある。ルアーは、狙う魚種に合わせて様々な形やサイズ、色などを使い分けなければならない。池や湖では、バスフィッシングが盛んである。

代表的なルアー

     

メタルジグ

 
 
バイブレーションプラグ ミノープラグ
     
エギ
 

スプーン

 

 
  バブルシュリンプ          

ワーム

スピナーベイト ラバージグ
▼シングルフック プラグ
バルサ材、プラスチックなどで作られた浮力のあるルアーで、海では主に小魚を模したミノータイプを使う。ミノーには、水面に浮くフローティングタイプや、水中に一定の深さでとどまるサスペンドタイプ、沈んでいくシンキングタイプがあり、狙う魚の遊泳層に合わせて使い分ける。
 
スプーン
スプーンのように湾曲した金属製のルアーで、応用範囲は大変に広い。幅の広いコロラド型は、引くとひらひらとよく動き、細身に作られたウィローリーフ型は沈みやすく、引くと尾を振るようにして魚を狙う。
 
ジグ
金属製の重いルアーで、ヒラメなどの底魚を狙う場合や、遠投が必要な場合に使用する。小魚に似せて作られたメタルジグや頭部が鉛製で尾の部分にソフトプラスチックやビニールのひもを付けたジグヘッドがある。
 
ワーム
主に根魚を狙うのに使用されるが、魚のエサとなるゴカイなどの形をしている。専用のフックを通して使い、生エサのように動かすのが基本である。
 
エギ
餌木は、日本で昔から漁師がイカ釣りなどに使用していた。これを使ったルアーフィッシングが、エギングと呼ばれ人気を集めている。
▼ダブルフック
▼トリプルフック
▼ワームフック
●ルアーに使われる重さ
1 oz. = 28.3 g で有効数字2桁で四捨五入
oz. 1 3/4 2/3 1/21/4 1/ 8 1/16 1/32
  28.4g 21.3g 18.9g 14.2g 7.1g 3.5g 1.8g 0.9g

 

 

 

ALL JAPAN FISHING CLUB by KOCHOKAI,PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985