ALL JAPAN FISHING CLUB KOCHOKAI PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985

 

ロッド

海釣りに使う竿は多くの種類があるが、釣り場や狙う魚に応じて、「磯竿」「船竿」「投げ竿」「ルアーロッド」の4タイプに大別できる。最近では、「チヌ竿」や「グレ竿」などの特定の魚種を対象とした竿もある。
竿全体のしなり具合を「調子」といい、先調子は先の方に弾力のポイントがあり、中央部に弾力のポイントがあるものを胴調子という。
竿には、振出と並継とがあり、並継は、穂先や2番など元竿と1本1本別になっており、元竿からしっかりと継いでいく。ルアーロッドは、たいてい並継だが、継ぎ目の緩みはロッドの破損につながる。振出は、元竿の中に3番、2番、穂先と並んで入っており、穂先から順番に延ばしていく。振出竿には、道糸を竿の中に通す中通しと、外ガイドに通す2タイプがある。
▼磯竿
 クロダイ、メジナ、シマアジなど表層から中層にいる魚を、ウキ釣りで釣る「上物竿」と、イシダイ、モロコなど海底近くにいる大型魚を投げ込み釣りで釣る「底物竿」とがある。上物竿は、磯の中小物竿と呼ばれるように、中小物の魚を狙う5m前後の竿である。調子の軟らかい1〜2号くらいが、サビキ釣り、フカセ釣り、ウキ釣りに幅広く使える。
▼投げ竿
 投げ竿は、竿の弾力をできるだけ利用して、仕掛けを遠くへ飛ばす目的の竿である。イシモチ、カレイ、ヒラメなど型が大きくなる魚種には硬めの竿を、シロギスのような小型の魚種には軟らかめの竿を用いる。
▼船竿
 ハゼ、シロギスなどを釣る「小物竿」、カワハギ、カレイ、アイナメ、イサキ、メバル、マダイなどを釣る「中小物竿」、アコウダイ、キンメダイなどを釣る「深海竿」がある。中小物竿は、狙う魚種によって専用の竿を使う方が良い。
▼ルアーロッド
 アイナメ、カサゴなど中小型の根魚を狙う場合には、短めで柔らかいロッドを使い、河口やサーフでスズキやヒラメ、マゴチを狙う場合は、遠投のきく7〜8フィートの硬めのロッドを用いる。普通、ルアーロッドの長さは、メートルではなくフィートで表示する。

 

 

 

ALL JAPAN FISHING CLUB by KOCHOKAI,PROFESSIONAL ANGLERS SINCE1985